門下生を代表して

はじめまして
所長の教え子で
フリーアナウンサーの八木ひとみと申します。
地方局のアナウンサーを経て、現在は東京で経済番組のキャスターをしています。
この度は、アナウンス研究所開設おめでとうございます。

私は大学2年生の頃、所長が当時校長だったアナウンススクールに通っていました。最初は就職試験の面接対策になればいいな、ぐらいの気持ちで入校したのですが、毎週のレッスンを受けているうちに、言葉を扱う仕事、なかでもアナウンサーという職業に憧れる気持ちが強くなっていきました。
そうは思ったものの…試験に関して殆ど知識も無い状態で、何から手をつけていいか分からない状況でした。振り返ると、とても無謀な挑戦だったと自分でも呆れてしまいます。

そんな中で、所長の個人レッスンが受けられることになり、きめ細かいアドバイスや叱咤激励をいただきました。
ご自身のアナウンサーとしての経験はもちろん、沢山の新人アナを育てて培ったノウハウを惜しみなく伝授してくださったのです。

今自分に何が必要なのか、その時々に的確な助言をいただいたおかげで(さらりと書きましたが、本当にとっても手のかかる生徒でした)無事にアナウンサーとしての一歩を踏み出す事ができました。

また、そこで終わるのではなく、就職した後も読みの技術的な相談や、社会人としての悩みを聞いてくださるなど、困った時は常に手を差し伸べてくださいました。そうした支えもあって、今もこの仕事を続ける事ができています。

ここまでは私の経験をお話ししましたが、アナウンサーに限らず、「言葉の扱い方」がこれまでより重要視されるようになってきた、と感じています。SNSなどで誰でも、手軽に情報を発信できるようになったからです。

私のように将来の職を決める、などそんな大げさなものではなくても、日常的に行っている「伝える」という行為に自信を持つと、これまでとはまた違った世界が見えてくるかもしれません。
参考にしていただければ幸いです。

末筆ながらアナウンス研究所のご繁栄をお祈りしています。


出演番組のホームページ
http://www.bs-tvtokyo.co.jp/mplus/

八木ひとみ
 香川大学法学部卒業、岡山市出身
「経歴」
2008年4月~2010年12月
山口朝日放送アナウンサー
2011年10月~2014年8月
TBSニュースバードキャスター
2014年9月~2017年3月
「日経CNBC」
2016年10月~2017年3月
文化放送 「情報ミックスバラエティ パズル」
2017年4月~2018年3月
NHK BS1「経済フロントライン」
2018年3月~
BSジャパン「日経モーニングプラス」

所長 「八木ひとみさんは、私がマンツーマン指導をした初めての生徒です。でも、もうあの頃の貴女ではないですね。番組の進行を見ていてもそうですし、立派に成長したことが文章からも推察できます。とても嬉しいことです。
 あの時、彼女の人生を変えた運命の吉報は、卒業式目前でした。最後まで諦めてはいけない!と言える経験です。
スケジュールが合えば、特別講師に入ってもらおうと思っています!」